ピリッと走る痛みにご用心【敏感肌用の化粧品はこだわるべき】

低刺激のスキンケア

鏡を見る女の人

アトピー性皮膚炎の肌には、保湿が重要と言われています。アトピー肌用の化粧品は、香料や着色料、鉱物油などが加えられない肌にマイルドな処方で、穏やかに肌を潤すことができるとして人気です。アトピー肌用化粧品は、インターネットやクリニックで買うことができます。

もっと読む

自分に合った種類を選ぶ

目を閉じるウーマン

クレンジングには様々な種類が販売されています。リキッドからオイルまで様々なものがあるので、肌馴染みの良い物を選びましょう。また、他のメイクの強弱に合わせて使い分けることも出来ます。

もっと読む

自然派化粧品

コスメティック

最近敏感肌用化粧品という言葉を良く聞きますね。しかも肌に特に問題のない方々も挙って使用しているという噂。なぜなのでしょうか。それは敏感肌用に化学物質が入っていないので、普通肌の方々にも安全だから。効果がある化粧品でもお肌に良くない成分が入っていたら使いたく無いですものね。敏感肌の方々はアルコール、エタノール、香料、ビタミンC融合体、着色料、などに過敏反応が出るようなので、これらの成分の入っていない敏感肌化粧品を使う事が多いようです。またアトピーの方々もヒリヒリ感のない化学薬品不使用の無添加化粧品を使っています。綺麗になりたいから化粧品を使っているのに、肌に悪いのでは本末転倒。ピリッと走る痛みに用心して、自分の肌に適したものを使っていきましょう。敏感肌化粧品が普通肌の方々にも人気なのは、安全で安心して使えるからです。

お肌に大敵なのが乾燥。これはお肌のバリア機能が外からの刺激によって低下するから起こる現象。紫外線、気温の変化、花粉や埃、摩擦等が主な原因です。この乾燥からお肌を守ってくれるのがセラミド。セラミドとは角質層の重要部分で外からの刺激からお肌を守ってくれるもの。これが減ってしまうとバリア機能が弱くなってしまうのです。セラミドが減ると乾燥し、肌に痒みが出ることも。ですからセラミドを補習してあげれば、肌も元の状態に戻るわけです。敏感肌化粧品でも一番の重要成分はセラミド。セラミドは元々お肌にある成分ですし、十分な量があればバリア機能が働き、保湿にも効果があるからです。角質層内の水分量の八割を保持してくれるセラミド、実は化粧品からの摂取もしやすいそうです。敏感肌化粧品には必須のセラミド、綺麗な肌になりたい方々の魔法の成分です。

ニキビ痕をなかったことに

微笑む女性

リプロスキンは、朝晩の洗顔後に使うだけの、誰でも気軽に始められる化粧水です。若い年代のニキビ痕にも年齢を重ねた人のニキビ痕にも絶大な効果が得られます。ニキビでゴワついた肌を柔らかく保ち、保湿や美白成分が肌の深部に浸透させる効果を発揮します。リプロスキンで、すっぴん肌に自信が持てます。

もっと読む