ピリッと走る痛みにご用心【敏感肌用の化粧品はこだわるべき】

自分に合った種類を選ぶ

目を閉じるウーマン

選ぶポイントとは

女性にとってなくてはならないクレンジング。クレンジングには様々な種類があります。オイル、リキッド、ジェル、クリーム、ミルク等、多くの女性たちは自分に合ったクレンジングを選んで使用しています。ではどのように自分にあったものを選べば良いのかを紹介します。一番重要な事は、自分のベースメイクの濃さに合わせてクレンジングを選ぶことです。ベースメイクが濃い日は洗浄力の強いものを選び、ファンデーションのみの日は肌に優しい洗浄力の弱いものを選ぶと良いでしょう。アイメイクなどの濃いポイントメイクはベースメイク用のものとは別のものを使用するのが好ましいです。このように自分のメイク・肌質に合わせたものを選ぶことが、肌への負担を少なくメイクを落とせるポイントです。

代表的な3種類

数多くの種類がありますが何が違うのでしょうか。メジャーなオイル・クリーム・ジェルの3つに絞って説明すると、オイルクレンジングは洗浄力が強く毛穴の汚れまで落とせます。また時間がかからず落とせるので人気が高いです。一方、洗浄力が強すぎるので本来必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があり、乾燥肌の人は注意が必要です。次にクリームクレンジングは、メイクを落としながら保湿できる、肌に優しいクレンジングです。しっとりとした使い心地なので乾燥肌の人にオススメです。また、最後にクレンジングジェルです。ベタつかずさっぱりとした使い心地で肌質を選ばずに使えます。ジェル特有のテクスチャーが摩擦をしにくくし、肌への負担を軽減することが出来ます。